銀行カードローンと消費者金融の違い

銀行カードローンの特徴は融資の際の利率が最高でも年率14%程度と低金利であること、審査基準が厳しいものの総量規制対象外で借入可能な限度額が高額で長期間の分割返済が基本であることなどです。これに対して消費者金融のキャッシングサービスの特徴は大手でも利率が18%と高めに設定されていて総量規制により融資限度額が最高でも年収の1/3であること、審査基準は緩いですが多くの場合利用限度額が20〜50万円程度と少なめで、ほとんどの利用者は一括払いで返済をすることです。

利率や限度額の数字だけを並べて両者を比較すると消費者金融のほうが高金利で不利であるように思えるかもしれませんが、銀行カードローンにはATM手数料や繰り上げ返済手数料という形で利息以外にも支払う手数料が存在するのです。ほとんどの消費者金融では自社ATM以外に提携金融機関のATMでもキャッシング・返済時に手数料無料で利用できますし、短期間で少額のキャッシングと一括返済を繰り返すような使い方をする人がほとんどなので、高金利でも支払う利息の金額は少なくて済みます。逆にカードローンは低金利であっても借入れている期間が長いので、トータルで支払う利息の金額は多くなるのです。消費者金融の店舗は夜遅くまで営業しているので利便性が高く、急な出費にも対応できますし、数万円程度の少額融資にも応じてもらえるので収入の少ない人でもキャッシングサービスを利用できます。

銀行カードローンと比較した場合、消費者金融キャッシングは融資や返済の際に柔軟に対応してくれて利便性が高いというメリットがあり、高めに設定された金利は充実したサービスの対価であると考えることができるのです。

もっと詳しく・・・消費者金融審査甘いのは?

関連記事